スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パス2

こんにちは

FIFAマニュアル講座の時間です。


今日はパス第2弾
で、内容は・・・

組み立てです^^

初心者で1番難しいのは、思った方向に出し、
思ったところでパスを受けて、
次のところに出す。

それて、ゴール前に運びシュート!!

これは、初心者・・・だけではなく
自分でも、そうとうやりこんでる方でも難しいと思います。

目標は75%以上のパス率で終わること。

自分が最後にした試合のパス率は69でした。
これは、自分的に満足した記録ではありません。

もっと、出来たと思ってます。


では、どうやって組み立てるのか。
それは、プレスをかけられているとき、中盤を固められているとき
といろいろな場合があると思います。

自分は、崩したあと、スペースがあるなら無理にでもパスをつなぐか、
たてに長いパスを出します。

ですが、そんなに運良くスペースがないので、
ドルブル、ロングパスを織り交ぜます。

ドリブルはもちろん奪われてもいい場所で行います。
または、少しずらすときに使います。
ロングボールは詰まったときや、プレスをかけられて、
簡単に奪われたくないときに使います。

または、裏にスペースがあったり、
いっきにFWに当てられるときに使います。
FWに当てたら、後は上手くDFの逆向きにターンすれば1v1で
シュートを打つことが出来るかもしれません。


次に、細かく説明していきます。
まず、プレスをかけられている場合は、
サイド、中、サイドのリズムで回しましょう

およそ3本ぐらい回せれば、次のプレイに移れると思います。

それが無理なら長いパスをFWに当てましょう。
そこで落ち着かせて、プレスに来てるということは、裏にスペースがあるので
そこを狙いましょう。

次に、中盤を固められている場合。
サイドにはたきましょう
簡単にサイドまではいけると思うので、
そこまで行けばクロス、切り込んでシュート、逆サイドに振る、
ゴール前でパスを回すことが出来るでしょう。

ゴール前でしっかりとパスを回し、
1瞬のスキをつきましょう

ですが、奪われた後のカウンターにはきをつけましょう。
皆さんお分かりだと思いますが、
奪われてはいけないとこでの無理なパス回し、ドルブルをしてるようでは
勝てません。


では、大人会でのちょっとした話を紹介します。

ミドルシュートはどうしたらいいの?
という質問がありました。

自分は練習しても、上手く枠内に飛ばず、
ゲージの調整をしたら、弱くと、マニュアルにはあまり適していないように思いました。
ですが本当にコースをつければL2+シュートで気持ちのいい
シュートが打てるときもあります

自分がやれば20に1本ぐらいです。


次に、グラウンダーのクロスはどうなの?
とのことでした。

自分が思うに、グラウンダーは蹴るテンポが1瞬遅く、
ここっていうタイミングでパスが出せないと思います。

なので、ここも変更してもらいたいところです。
ですが、上手く使えるようになれば十分に使えるクロスだと思います。


最後に、ここではこう打とうです^^
画像なんで見てみてください。


1   L2+○   ループシュート
2   □     直線シュート
3   L1+○   クロスシュート
4   L1+○   クロスロングシュート
5   L1+□   チップシュート 角度無いとき
6   L2+□   ミドルシュート、GK頭越えシュート
7   L2+□   ミドルシュート、ズドンシュート


http://sakalab.blog18.fc2.com/
大人会です。
http://sakalab.blog18.fc2.com/blog-category-5.html
ここに詳しく、大人会の説明が載ってます。
ご覧ください

最後に
blogram投票ボタン
押してください。
押したら説明がでるので、したがってもらうとうれしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。